おやじのアソビ

元六本木社長から地元で子どもとおやじエンタメを追求してる人

親として万引き家族を観た時に感じた、人に優しくするということ

万引き家族を観て、映画の楽しさ、エンターテインメントの威力を感じました。

 

もうだいぶ時間も経ってるので、ネタバレしても大丈夫と思うし、ネタバレしてても充分楽しめる映画だと思います。

さっき映画を見終わって、考えさせられることが多かったので、ブログに残しておこうと思いました。

youtu.be

 

万引き家族は問題だらけ

この映画の何が良いのかと思うのは、とにかく「家族みんな問題だらけ」。

話と家族の関係性が複雑。複雑すぎでした!

リリーフランキーを父として、安藤サクラのお母さん、娘の松岡茉優(かわいい)、おばあちゃんの樹木希林、小学生の息子城桧吏と幼稚園生くらいの娘の佐々木みゆ。

この6人家族の関係性がとにかく複雑。

 

複雑さを説明することがなく前半は進んでいくので、ちょっと置いて行かれる感じに無いなーと思ってました。

リリーフランキーのひょうひょうとしたおっちゃんが子どもに万引きさせてへらへら生きてくみたいな感じでちょっとイラっとさせられてて。(リリーフランキーの生き方に嫉妬?)

パルムドール賞を獲ったというだけで、おありまくって、ただの難解な映画、単調に過ぎていく映画なのかなと。

ぶっちゃけ前半は見るの失敗したって、後悔してました。

 

後半にある事件をきっかけにして、不思議な家族の関係性がひも解かれ、世間と理想の関係を引き裂くような様が描かれています。

 

家族、兄弟の絆、幸せに生きていくことの理想形。

この家族は全員血がつながってない家族。

一家が貧困の為に、生計を立てる為に仕方なく万引きするという話でもなく、テーマには血がつながっている家族より家族らしい生活をしていくこと。

産みの親より、育ての親について。

親にとって何が家族を幸せにする意味なのか。

ただ家族が一緒にいることだけが、幸せではないことを深く考えさせられることです。

 

万引き家族を見た後で考えさせられること。

映画(エンターテインメント)という作品を通じて新しい価値観や様々な考えをわかりやすく考えることをさせてくれることが、とても凄いと感じます。

 

映画自体は謎が多く、スッキリさせてくれなくて、ハッピーエンドでもない。

万引き家族で描かれている家族は、万引き、死体遺棄、誘拐と世間からしたら犯罪家族であって、決して素敵な家族ではないです。

しかし家族は寄り添って、その仮想の家族、万引き家族によって繋がりをもっている。

親子や家族の絆や家族の大切さを考えさせられる素敵な映画でした。

 

自分の家族を大切にしたいなと思う

家族がたまたま縁あって一緒になって、妻と子供と一緒に家族になって、おじいちゃん、おばあちゃんと繋がりが出来て、そこで起きていること、関係はかけがいのないものであり、血がつながっている人でなくても、人に優しくすることについて良い関係を築いていきたいと思える映画でした。

 

全編通して、食事のシーンがいっぱい出てくるんだけど、やっぱり家族の中心には食事があるっていうことあります。

関係を築くために食事がある。少女も食事から仲良くなっていきます。

 

万引き家族は、血がつながってないからこそ、関係がもろい。

だから家族同士がお互いに優しく、丁寧に関係を築かなきゃいけなかったのかな。

血のつながりのない関係でも素敵な家族が築けるのであれば、血がつながった家族であれば、素敵なもっと素敵な家族が築けるのではと思います。

そして幸せになることは血のつながりもあまり関係ない気がするけど。

みんなもっと人に優しくしようってことかな。

 

映画を見た後で、とりとめもなく書いちゃって、最後は何言ってるかわからなくなっちゃった。

こうやって考えること、新しい概念をインプットすることが大切なんだと思う。

 

とにかく僕としてはめちゃくちゃ良い映画と思いました。

親は全員観ろってことです! 以上。

 

 

イケハヤにブログをやろうと刺激される

なぜかのきっかけでイケダハヤトさんのyoutubeを見て、ブログについての話を聞いた。

 

youtu.be

めちゃくちゃ非難されてるけど、なんでなのかよく分からん。

 

ただ、見た目が弱そうなのに強い発言してるからなのかな。

 

全然いいじゃん。

 

で、私は何でも触発されてしまうので、なんかわからんけど、後押しされた気になってブログを書く。

 

こうしてわたしはイケハヤ信者になっていくってことなんですね。

 

このブログは全然アクセス無いし、ほとんど日記状態だから読まれることもなし。だからなんも気にせずブログを書いてみる。

 

で、youtubeを聞いて学んだこと、3つ。

 

その①ブログを開始する時は考えないでとにかくやってみる。

 

書いてみてから考える、やる前から何かを考えて計画立ててなんて言ってたら何にも出来ないし、そもそもポジションとか、ペルソナとか考えてたら、ブログに関してなにも分かっていない自分には意味がないってこと。

なので、まずはやってみる。

素人だもんな、完成も気にせず、クソでも良いので書き上げることを考える。

 

その② ブログを継続する。

これ一番きついかも。

何度も何度も失敗しまくっています。

私は、三日坊主が大の得意技になっています。

三日坊主なので、とりあえず、二日は出来る。

継続できないから私はいつまででも凡人なのである。

でも継続しない限り、影響力を持つことはできないということは分かった。

そしてわたしはいつも二日は頑張る。

 

その③ 単なる日記は読まれない。

あ、単なる日記ってさっき書いてしまった…。

日記を日記にしないのムズくね!?

ってことで、真似して3つのポイントとか書いてみてから考える戦法をパクらせてもらって書いてみた。

なんとなくまとまった気がした。

結果、書きやすくなった気がする。

 

練習をずっとしていくことなんでしょうね。

 

頑張ろう。明日まで。

 

そして、継続できなかったり、思うようにいかなくて、悔しさのあまり、イケハヤはやっぱりクソだったとなるのかな。

その答えは三日坊主の向こう側の日だな。

 

いや、今の時点でもうありがたみしかないけど。(信者発言w)

 

大森子どもハロウィンまつりの実行委員長になりました

実行委員長に抜擢される

 

大森こどもハロウィンまつりって子どものお祭りの実行委員長をすることになった。

 

きっかけは、今回は初めてチャレンジとして出店するので、実行委員会に出席した時。

 

「実行委員長を決めたいと思います」との声に、

さらっと推薦されました、、、。

 

この断れない雰囲気。。

 

責任が出てくるし、自分からやろうと言ったものでないのに委員長として役割を与えられると、後から追っかけなきゃいけないし、なぜか責められたりするから、結構キツイんだよな…。

もちろん自分からやりたいものであった場合はすべて自分で責任とれるんだけど、あとからの役割は意外とねぇ。

 

と、気持ち的には乗り気でない時も、頼まれたら断れないタイプのわたしは、つい引き受けてしまいます。

 

せっかくやるなら良いものにしたいし、僕が出来る演出をしたいんだけど、どこまでできるかなと思います。

 

f:id:shiki99:20180930135819j:plain

 

 

あと2週間でどこまでできるかだけど、、。

飾りつけはいっぱいしたいし、ハロウィン感が出るように黒とオレンジを用意だなっ。(今考えてる)

 

演出が大事!

 

f:id:shiki99:20180930140029j:plain

 

出店するのがはじめて

 

自分の初チャレンジとして、こどもブレスレット作りを行います!

 

天然石をつかった子どもでも出来るブレスレット作り。

可愛いキラキラアクセサリーを作って遊べるんです。

小学生の子どもたちは、喜んでくれると思うんだよな~。

 

キラキラアクセを付けて子どもたちがいっぱい遊んでくれるのを楽しみにしよう。

上手くいくと嬉しいな。

 

f:id:shiki99:20180930140604j:plain

f:id:shiki99:20180930140631j:plain